日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

凄いの【NISSAN】ニスモGTR

ニュース

凄いの【NISSAN】ニスモGTR

NISSAN skylineGT-R【NISMO】

疾走ニスモGTR

出典 http://blog-imgs-68.fc2.com

NISSAN スカイラインGT-R(R35)は歴代6台目のGT-Rである

エンジン(VR38DETT)は3.8L V6ツインターボを搭載し、駆動方式はR32GT-R以降同様に4WD(4輪駆動システム)アテーサE-TSの改良版からなる。

初期モデルの出力は480馬力で2008年、2011年、2015年と改良がなされて2017年モデルは570馬力に達する。また、参照までに(2014年未発売のNISMOモデルは600馬力)

2017年モデルは大幅なデザイン変更がなされフロント、サイド、リアと細部にわたり形状変更がされ空気抵抗・ダウンフォース・冷却性能が高性能かされている。

ニスモGTRフロントビュー

出典 http://image.itmedia.co.jp

NISMO(ニスモ)仕様

2013年11月19日に2014年モデルと同時に発表されて2014年2月末から発売された。

VR38DETTエンジンにレース車両専用の「GT3タービン」を搭載することで最高出力を600馬力に向上し、NISMOモデル専用となる 点火時期をコントロールする制御と、燃料噴射量を調整するインジェクター、冷却性能を高める加圧式リザーバータンクを装備する。

足回りもNISMO専用となり、特注のビルシュタイン製電子制御ダンパー「ダンプトロニック」とスプリングを装備する。

空力装備はNISMOモデル専用のカーボン製フロント、リア、スポイラーを装備し300km走行時に2014年モデルより100kg増しのダウンフォースを得ている。

2016年8月発売の2017年モデルには「ダンプトロニック」を改良、NISMO専用特別チューンが為されている。


Wikipediaより参照

ニスモGTRリアビュー

出典 http://auto-blog.pl

Features

NISSAN GT-R NISMOは2013年9月30日、ドイツニュルブルクリンクサーキットにおいて、7分8秒679という、それまでNISSAN GT-R自身が持つベストラップを一気に10秒以上短縮するタイムを記録しました。ミハエル・クルムを筆頭としたドライバー陣、日産自動車、そしてニスモのエンジニア、メカニックで編成されたチームと共に、クローズドサーキットと峠道という両方の側面を持つ世界でも類を見ないニュルブルクリンク・ノルドシュライフのコースに挑み、自らに課せた目標タイムを見事にクリア。量産車最速タイム注)を樹立したのです。

Features
「NISMO N Attack Package」はこのプロジェクトの中で生み出された、より強力なダウンフォースを追求した空力パーツを始め、路面のアンジュレーションに富み、且つアップダウンの激しい路面に追従するサスペンション、強力なGの中でも最適なドライビングポジションを確保するフルバケット式シート等の専用装備と、日産車のチューンナップを数多く手がけ、現地でのタイムアタックプロジェクトに参加したメカニックを有する大森ファクトリーとニスモが指定した架装工場での組み付けをパッケージ化、実際にニュルブルクリンクサーキットでタイムアタックに挑んだ車両を忠実に再現する商品です。
注)2014年9月現在

出典 http://www.nismo.co.jp

ニスモGTR計器

出典 http://encrypted-tbn0.gstatic.com

メーターには左から、340km/hまでのスピードメーター、タコメーター、ギア数表示が装備されている。また、このR35型でもR34型スカイラインGT-Rの特徴の1つとも言えるマルチファンクションディスプレイ(MFD)を引き続き搭載、R34型に搭載されているMFDよりも大型で多機能なものとなった。MFD画面のデザインは家庭用テレビゲームであるグランツーリスモシリーズを開発しているポリフォニー・デジタルが担当した。エンジンの始動・停止は、センターコンソールのシフトレバー後方にある赤いプッシュエンジンスタートボタンで行う。2017年モデルではプッシュエンジンスタートボタンの配置がシフトレバーの側面に変更となる。また、シフトレバーの後方にITコマンダーを設置したため、タッチパネル式ナビとドライブポジション調整の操作性を向上した。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

GTRコックピット

出典 http://encrypted-tbn2.gstatic.com


お気づきの方もいるだろうが、このNISMOにはニューヨーク国際オートショー2016で公開された「GT-R」2017年モデルと同じ改良が施されている。それはボディの強化、ダッシュボードのリニューアル、そしてインテリアのアップグレードといった変更だ。しかしこれは(我々が歓声を上げて迎える)NISMOバージョンなので、他にも新しくなった箇所がある。

2017年モデルに施された改良で最も重要なのは、エアロダイナミクスが向上した新しいスタイリングのNISMOモデル専用フロント・バンパーだ。カーボンファイバー強化樹脂製のフロント・スプリッタは、フロント・ホイールハウス周辺の空気を整えるために車体の外側に広がっている。日産によると、新型GT-R NISMOはこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースを発生するという。また、スプリング、スタビライザーバー、ビルシュタイン製電子制御式ダンパーのチューニングなど、サスペンションのセットアップも見直されている。

一方、変更されていないのは3.8リッターV6ツインターボ・エンジンだ。標準仕様の2017年型GT-Rは最高出力570ps、最大トルク64.6kgmだが、NISMOはさらにその上をゆく600psと66.5kgmを発揮する。ボディカラーは5色から選択が可能だ。日本における発売日や価格はまだ発表されていないが(米国では今秋に発売と納車が始まるそうだが)、2016年モデルの1,544万4,000円よりもやや高くなるだろう。詳細が気になる方は、日産公式サイトのニュースリリースをチェックしてみよう。


By Michael Austin
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

出典 http://jp.autoblog.com

本気モードでデモ走行

Nissan GT-R Pure edition

Nissan GT-R NISMO EU Specs

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ