日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ハイブリッドスーパーカーHONDA NSX

HONDA

ハイブリッドスーパーカーHONDA NSX
美人の占い師に相談してみよう!
凄い人気なので繋がらないことも!

ハイブリッドスーパーカー

HONDA NSX

出典 http://encrypted-tbn2.gstatic.com

HONDAハイブリッドスーパーカーへの挑戦

ポルシェやフェラーリを筆頭に進むスーパーカーのハイブリット化、今話題でね。ハイブリットスポーツ革命にHONDA NSXも挑戦し21世紀のハイブリット革命をホンダはハイリッドシステム搭載での挑戦となりました。

このハイブリッドエンジンは3.5Lツインターボで 最高出力581psを生みだす!

疾走NSX

出典 http://blog-imgs-96.fc2.com

世界初「SH-ADW」とは

そしてもう一つの挑戦としてかつてない4輪駆動システムを採用、旋回システムを4輪別々に制御させるという画期的なシステムの採用(複数のモーター)で駆動力を1輪ごとを自由に変える事に成功し今までにない旋回軌道を生み出した。

NSXフロントビュー

出典 http://www.honda.co.jp

「SH-ADW」と呼ばれる

3つのモーターでタイヤをコントロールするシステムで後輪タイヤを1つ、前輪タイヤを左右に2つのモーターの力を借りて別々に駆動するシステムによりステアリングコントロールではなくタイヤの駆動力によって曲がるシステムで世界初の今までにないコーナーリングが楽しめるのである。

概要
NSXは、3.5LV型6気筒エンジンをミッドシップに配置し、スポーツハイブリッドSH-AWDを採用、3つのモーターを使用し1つはエンジンをアシストするモーター、前輪は2つのモーターで駆動するハイブリッドスポーツカーである。エンジンの出力は507PS、ドライブモーターは48PS、前輪左右のモーター2基(37PS×2)で合わせて581PSを発揮する。ボディサイズは全長4,490mm×全幅1,940mm×全高1,215mmとなり、前代モデルからは全長は40mm、全幅は130mm拡大され、全高は45mm低められた。またエンジンは先代は横置きだったが、新型NSXは縦置きとなった。

車名は新時代のスーパースポーツ体験(New Sports eXperience)からきている。日本での発売は2017年2月27日から(アイアンブレーキローター装着車は2017年5月予定)でモノグレード(NSX)のみの展開、価格は8%消費税込で2,370万円と日本で発売するホンダ車の中では最高値(NSX-R GTを除く)となる[1]と同時に、2016年8月時点における日本で販売される日本メーカー製車両の最高額となる[2]。性能・価格と共にポルシェ911ターボやアウディR8などのスポーツカーと肩を並べることとなった。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

NSXリアビュー

出典 http://encrypted-tbn0.gstatic.com

初代のキャッチコピーは『our dreams come true』、『緊張ではない、解放するスポーツだ』。

初代はもともと第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから開発された車であり[1]、バブル景気絶頂期の1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、(フルモデルチェンジに相当する内容の改良は幾度となく行われた)2005年12月まで販売がなされた。価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様は60万円高)で、当時の日本のメーカーの乗用車の中では最高額だった。その後、改良や装備の追加などにより徐々に値上がりし、900万-1,300万円台となった。なお販売した15年間は当時のスポーツカーの新車価格では日本車最高額だった。このNSXは販売開始(発売)から生産終了までの間、ホンダにおけるフラッグシップの座を担っていたが、NSXの生産終了以降はレジェンドにフラッグシップカーの座を譲った。

概要
I型(初期型AT/MT)に搭載されたエンジンは、新設計C30A VTECエンジンで、同社のセダンであるレジェンドに搭載していたとされる横置きV6 SOHCエンジン搭載仕様は1989年発表の幻のNS-Xである。ちなみにC30A(NA1)を搭載していたNSXは、前記のI型のAT/MT、II型の4速AT、III型の4速AT仕様となる。 そして運転席後方に搭載し後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)を採用している。また、当時市販自動車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用した。その特殊性から、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、エンジン同様、生産は手作業で行っていた。このような特色と価格帯から、日本車で唯一のスーパーカーとも評された。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

NSX計器

出典 http://blog-imgs-96.fc2.com

NSXコックピット

出典 http://encrypted-tbn3.gstatic.com

スペック
全長×全幅×全高:4490×1940×1215mm
ホイールベース:2630mm
パワートレイン:V型6気筒 3.5Lツインターボ(ドライサンプ潤滑)+モーター×3(前2基、後1基)
(冷却に、ラジエーター3基、インタークーラー2基、空冷式熱交換器10基、9速DCT用熱交換器2基を採用)
最高出力:581ps
最大トルク:65.9kgm
ミッション:9速デュアルクラッチ
駆動:4WD「SH-AWD」
車重:1780kg
燃費:12.4km/L
前後重量配分:42:58
0-96km/h加速:3.0秒
最高速度:307km/h
タイヤサイズ:F 245/35Z R19/R 295/30Z R20
ブレーキ:F 6ピストン/R 4ピストン カーボンセラミックブレーキ
ボディに、アルミニウム、超高張力鋼板、カーボンを使用
走行モードを「Quiet」、「Sport」、「Sport+」、「Track」の4モードに切り替え可能な「インテグレーテッド ダイナミックシステム」を採用
ボディカラー:バレンシアレッド・パール、ヌーベルブルー・パール、ノルドグレイ・メタリック、ソースシルバー・メタリック、カジノホワイト・パール、ベルリナ ブラック、130Rホワイト、クルバレッドの全8色
※バレンシアレッド・パール、ヌーベルブルー・パールは67万円高
※ノルドグレイ・メタリック、ソースシルバー・メタリック、カジノホワイト・パールは8万5000円高
インテリアカラー:エボニー、オーキッド、レッド、サドルの全4色
新型NSX 価格
日本価格:2370万円
参考:アメリカ販売価格
ベースモデル:15万6000ドル(約1890万円)
フルスペックモデル:20万5700ドル(約2500万円)

出典 http://carislife.hatenablog.com

【CARトップTV】新型ホンダNSX

ホンダ新型NSXプロトタイプ

ホンダNSX公道初試乗

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ