レクトロンキャブレターセッテイング構想&調整は

レクトロンキャブレター

 レクトロンキャブレターセッテイング構想&調整は

レクトロンキャブレターとは

1978年、初代ケニー・ロバーツが当時のYZR500のマシンに装着していたアメリカのレクトロン社のキャブレターです。キイングケニーのこだわりの一品だったようです。

出典 http://www.italian.sakura.ne.jp

出典 http://nandemocar.whdcar.com

その構造とは

その構造としましては、重量を軽くして振動
を減らすためのマグネシウム製のボディ、半
透明のプラスティック製のフロート室、そし
てもの凄く薄いフラットバルブとだいぶ軽量
に造られています。

レクトロンキャブの特性

特性としましては、通常のキャブレターは、
ジェットニードルと呼ばれるテーパー形状の
針と、これがスロットル操作で上下動し収ま
る筒状のニードルジェットのすき間から主燃
料が噴出される仕組みで薄いスロットルバル
ブにニードルがあるだけ、レクトロンの場合
はメインジェットがないのですね。それゆえ
セッテングが非常に難しいのです。セッティ
ングが出るとレスポンスは他にないくらい良
く、そのパワーも素晴らしいものなのですね
レース専用というわけでもないですがアメリ
カのドラッグレースなどでも使われ人気があ
ったのですね。

ニードルの種類とその長さで決まる

セッティングによりこのニードルを変えてい
く又はニードルをオイルストーンで削ること
で調節するという。ニードルには微妙なテー
パーが付いていてその角度やニードルの出て
いる長さでセッティングを出していくのだそ
うです。

MACH 750ss レクトロンセッティング

1978 YAMAHA YZR500 OW35K Kenny Roberts

カワサキ カスタムバイク

読んでいただきたい、ありがとうございました。
これからもDreamrs【なんでもCar】
ヨロシクお願いいたします。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ