なんでもCar

旧車シリーズ|ボンドカーTOYOTA2000GT

TOYOTA

旧車シリーズ|ボンドカーTOYOTA2000GT

旧車シリーズ|ボンドカーTOYOTA2000GT tin

幻の名車TOYOTA2000GT

ご存知でしょうが2000GTはTOYOTA
&YAMAHA共同開発の傑作だったのですね。

1967年から生産された前身はあの「ヨタ8」
ことトヨタスポーツ(1965年)800ですね

今から50数年前当時は日産はフェアレディ
本田のS800と軽快な2シーターsportが人気
を集めていたのです。


出典 http://encrypted-tbn1.gstatic.com

このフロントノーズなんかはヨタハチの面影が
あって可愛いですょwwそうですね 例えるなら
ヨタハチが「あらいぐま」2000GTが「フォッ
クス」とでももうしましょうかっ



60年代半ば日本を震撼させた高級スポーツカー

当時としては破格のプレミア価格だったのですね
大卒の初任給が2万6千円前後、高級車クラウン
2台分の238万円ですから今でしたら2、3千万
するのでしょうか、、、。


出典 http://blog-imgs-45.fc2.com

美しいですよね~このうしろ姿
和製ハーフの「見返り美人」って!

2タイプエンジン…DOHC直列6気筒(2000GT)
SOHC直列6気筒(2300cc)北欧仕様

トヨタとヤマハのイケてるtwin camエンジン!
当時YAMAHAは船舶、オートバイで2ストロー
クエンジンのみ生産でした。

そこでTOYOTAのクラウンM型直列6気筒を
ベースにヤマハtwin camヘッドを装着し見事
な仕上りに!

また、2300ccモデルのほうであるコレが正に
「幻の名車」である、台数は9台もしくは10台
の生産で結局はTOYOTA内部の反発で市販に
至らなかったのです。

2300GTとの呼名もあるが正式名称では
ありません、北欧向けに開発された為に左
ハンドル、エンブレムは2000GTなのです。
SOLXツインチョークキャブレター3連装である。


【トヨタ2,000 GTスペック】
年式1967年から1,970年 乗車定員2名
ボディー: スリードアハッチバッククーペ
駆動方式;FR
エンジン: DOHC直列6気筒(3M型)1988cc
          150ps/6600rpm
          18.0kg-m/5000rpm

OHV直列6気筒(2M-B型)2253cc
           140ps/5800rpm
           20.5kg-m/3800rpm

ミッション;専用5速MT(3速AT設定有り)

全長;4175mm
全幅;1600mm
全高;1160mm
車重;1120kg
ホィールベース;2330mm
シャーシ;Xバックボーンフレーム
サスペンション;ダブルウィッシュボーン


参照 ;wikipedia

出典 http://www.radiomuseum.org

諸説ある様ですが、車体番号MF12L-100001
から100009の9台とされてはいるが⁈
もしやの100010が…。

この内の1台MF12L-100002はTOYOTA自動
車保有で江東区メガウェブヒストリーガレ
ージに展示。

もう一台の100006はToyota USA Automobile
Museumに展示されています。

絶版車雑誌には アメリカに10台前後存在する
と紹介されているが定かではない、、

正に「幻の名車 TOYOTA2000GT」たる所以
ではないでしょうか。



スモール&コンパクトなインテリジェンスインパネ

YAMAHA企業の長けた仕事でしょうね。
楽器の材料ともなる良質の素材ウォールナット
やローズウッドをインパネ&ステアリングホィ
ールに職人気質が繊細に仕上げていますね。

当時、材料の供給、加工までリスパァンセボー
されている。ドライビングやアイドリング時は
ファンタスティックな音楽が奏でるであろう🎶

出典 http://uncrate.com

【007ジェームズボンド】でしょ!

ご存知 007は2度死ぬ 初代ジェームズボンド
(ショーンコネリー)懐かしいですねぇ!

父親と映画館に観にいった想い出があります
日本が舞台なので1967年、高度成長期の良き
背景が稀少的に観られますね。

カーチェイスがたまりません、良い音してま
すね2000GT ではお楽しみを!

実際に使用されたボンドカーww

【サーキットの狼】隼人ピーターソンの愛車

出典 http://www.kuriweb.com

サーキットの狼は70年代後半スーパーカーブ
ームの火付け役となった池沢さとし先生の漫画

吹雪裕也を主人公にトヨタ2,000 GTを駆る
隼人ピーターソンの愛車で記憶に刻む方も多い
でしょう。

ピーターソンの性格に似てもにつかない可憐で
優美な2,000 GTのシルエットではなかろうか

この稜線的なシルエットは当時としては日本車
にない風貌に管理人は驚かされた。

ピーターソンとの共通点は容姿端麗なところで
しょうか。当時はハーフっぽい感覚!女性的な
滑らかさwに魅了されたのではないでしょうか

【なんでもCar】は ポチっとで幸せです
 ↓ ↓ ↓

乗り物ランキング

ツィートや【B!ブックマーク】を大変喜びます😀↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ