なんでもCar

懐かしのスティングレーC3が引き寄せた【ChevroletCorvette】

Chevrolet Corvette

懐かしのスティングレーC3が引き寄せた【ChevroletCorvette】

懐かしのスティングレーC3が引き寄せた【ChevroletCorvette】

引用:http://hooniverse.com/2012/04/25/true-blue-1973-chevrolet-corvette-stingray/

When I was a kid, there was a maroon ’80ish C3 Corvette just around the block from our house

出典 http://hooniverse.com

スティングレーといえば【C3】を想い出す

スティングレー...
この愛称で親しまれた時は永かった…
どれほどのファンを魅了したのだろうか...

初代C1から現行のC7まで各年代でファン
の層も分かれるであろう...
C3スティングレーはマイナーチェンジ、進化を
遂げて14年にも渡ったロングセラーともいえる…
その魅力に迫ってみましょう

出典 http://kurubee.jp

シボレーC3コルベット【1968‐1982年】

先ずは、このスタイリングですよねフォルム!セクシーにボディシェープされたクビれ!フロントフェースから見るとフェンダーのなめらかでシャープなボリューム感...また、HiPラインへの柔らかな曲線美に胸が締めつけられそうです…

私は初めて聞きましたが、このボディ「コークボトル」とも呼ばれていたボディラインなのですね。頷けます…C3コルベットの得美ともいえましょうか…

このC3デザインは「Mako Shark」アオザメが原型で2人のデザイナーがかかわっていました、ビルミッシェル&ラリー̪シノダの二人です。

私はC3コルベットがすべて「Stingray」のネーミングと思っておりましたが呼ばれていない時期・モデルもあるのです。

スティングレーの呼称は【1969年】から【1977年】の8年間のモデルとされ
C3デビューの1968年モデルと1978年マイナーチェンジ以降は単にコルベット「Corvette」のネームとされたのだ...


参照:wikipediaより

1970年型CorvetteStingray C3

出典 http://picture1.goo-net.com

コルベットC3は繊細な進化を遂げていったのですね...数々のマイナーチェンジを繰り返してます。個性的なフォルムにバリエーションが大まかにクーペ・タルガトップ・コンバーチブルなどですが細かい所は数知れず…ユーザーを飽きさせないモデルだったのでしょう。そのわりには見えない部分のサスペンションやシャーシなどはC2型の流用そのものだったのです...アメリカンwアメリカンw

心臓部であるエンジンですが「スモールブロック型」V8 5,0L/5,4L/5,7L
「ビッグブロック型」V8 7,0L/7,4L と進化変更を遂げた 

V型8気筒エンジンにおいては、シリンダーブロックの大きさにより同じ排気量のエンジンでもビッグブロックとスモールブロックに区分される

出典 http://ja.wikipedia.org

数あるエンジンパフォーマンスからの基準スペック
最高出力304㎰/4,800rpm、最大トルク52.54kgfm/3,200rpm、3速/4速各AT/MT、全長4,636mm、全幅1,753mm、全高1,217mm、車両重量は1552kgとなる。

1969年にはビッグブロックユニットが排気量拡大の変更を受けて、7,440ccまで引き上げられた

出典 http://ja.wikipedia.org

1970年式スティングレーC3

出典 http://i.pinimg.com

1969年同年、排気容量を5,358cc~5,738ccUPし、額面上は同じ304psと変わらないがチューにングアップされた【LT1ユニット】仕様は350ps!1971年までに圧縮比UPで370psを誇るチューニングされたモノまで…存在!

C3型登場の翌年、総生産数3台、市販車両に搭載されたものは僅かに2台という幻のパワーユニット、ZL1ユニットが1969年の期間のみ追加される

出典 http://ja.wikipedia.org

コレは【CORVETTE】C2型に搭載されていた【L88ユニット】の発展系でありEGヘッドだけではなくEGブロックまでアルミニューム製のスペシャルなエンジンだったのですね!

このspecialなエンジンはお値段も超~スペシャルデー車輛1台分の追加費用が必要だったために少量限定とならざるを得ませんでした。

1971年に【マスキー法】大気浄化法の全面施行で排ガス対策が行われ、全てのパワーユニットが20~30psのパワーダウンを余儀なくされたのです。

しかし、シボレーは対策を高じBIGブロックユニットをチューンアップし425馬力へと持っていくが…環境問題の最中で1972年に廃止されました。

この幻のBIGパワーエンジンが何処かで響いているのか...
我々の知らないところで、数多くの物語りがあったのでしょう...

Chevrolet Corvetteスティングレー1973年型C3

Stingray

出典 http://i1.wp.com

懐かしのマリンブルーのスティングレー🎶

あれは…何年前になるだろうか…
指折り数えるほどの年月がたちました…

コルベットStingrayにはハートをクスぐら
れる想い出があるのです…そう、、

30数年前のちょど今頃…
春の甘~ィ香りが漂っていたのです...

あなたも魅力的な車と…
そんな想い出がありませんか...

そうですね…
今も変わらずオシャレで著名人や
ビジネスマンから......

ちょっと裏通りへ入ると小洒落た雑貨店や
博物館、民家やマンション・officeビルまで…

時々、サンダル履きのオバちゃままで歩く街…
チョイ庶民的なところも...


青山骨董通り...この街で...


マリンブルーに輝く【Stingray】C3
に出逢ったのです



Ahっ…このフォトは違いますよっ

フィンランドの方が乗っていらっしゃいます

あまりにも想い出の車にそっくりだったので
お断りへて引用させて頂きました。

スティングレーC3

出典 http://i0.wp.com

Corvette C3の排気音とは

【Corvette StIngray C3】 Twitterより

【なんでもCar】は ポチっとで幸せです
 ↓ ↓ ↓

乗り物ランキング

ツィートや【B!ブックマーク】を大変喜びます😀↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ